<健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

ダイエットをする前に


人間の生命活動を支えている運動エネルギーの源は、脂肪や炭水化物や砂糖などの糖質です。
しかし、運動エネルギーとして消費されずに余った脂肪や糖質は、脂肪細胞に脂肪として取り込まれます。これが肥満の原因です。
逆に、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多くなれば、脂肪が使われ、その分体重が減ります。
肥満は糖尿病、高血圧、動脈硬化、心臓病、肝臓病など、いわゆるメタボリックシンドロームに結びつくので要注意です。
日本肥満学会では、「体重(s)÷(身長(m)×身長(m))」の値を22を理想値として、20以下を痩せすぎ、24〜26を太り気味、26以上を肥満としています。
また、体脂肪では男性15〜20%、女性20〜25%が正常値で、これを上回ると肥満となります。肥満にも皮下脂肪型肥満と、内臓脂肪型肥満がありますが、特に内臓脂肪型肥満は合併症が多いので要注意です。
肥満とは逆に、やせすぎも問題といわれています。
摂取すべき必須栄養素が不足すると、さまざまな欠乏症による症状が起こりやすくなります。
また、拒食症やノイローゼ、糖尿病、結核などが原因でやせる場合もあります。
ダイエットのためには、適切な運動は不可欠です。
その上でサプリメントなどの利用を考えるようにしましょう。
サプリメントの種類にも吸収を抑制したり、抑えるものなどさまざまあります。自分にあったものを利用するようにしましょう。
posted by hikari at 12:47 | ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。